私の日記です


by chiyobara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

羅臼岳撤退しました~北海道2日目

8/14 朝5時前出発!!
天候は今にも雨が降りそう。ザックカバー&カッパ着用

“午後からは晴れる”と小屋泊の方が言っていましたけど・・・・

ヒグマ出没注意の看板があったり怖さが先行していました。
鈴を鳴らしながら進みます。
1時間くらいは天気がもったでしょうか.....
やはり雨がパラパラ降ってきました。
雨のために私はデジカメをザックにしまいました。
撮影なし。

7時半前に大沢入口(主人撮影)
d0058870_8331193.jpg

雪渓が見えます。
私たちを越していった男性二人組はアイゼンがないとのことで雪渓途中から戻ってきました。
他の男性二人組と一緒に雪渓を登りました。
合計4人ともアイゼン使わず。
怖かった~
主人はどんどん先に行ってしまうし.....
(自分が先に行ってルートを作るのが目的だったらしいのですが)
とにかく怖がっていたら、途中から男性二人組の間に挟んでもらいました。

風も出てきて.....なんか嫌な予感。

羅臼平に着いたのが8時過ぎ。
計画通り。
しか~し!!!
強風というより突風&霧の中&視界ゼロ
携帯トイレが使用できるチャックであけるトイレに2人で入ってダウンを着用。
もう、風が強くて強くて手もかじかんできました。
男性2人組からは“下山します”と声をかけられました.....
あ~私たちも北海道で撤退!?
着替えてもう一度羅臼平に立ってみると、やはり突風。
他に人はまだいません。

“よし、止めよう”と主人に言われて渋々納得。

下山の雪渓はアイゼン使用。雪渓では風はあまり吹いていない。
途中で登りの人と2組出会う。
“これから晴れますよ。風もおさまってきたしょ。行きましょうよ”と仰る方もいる。
う~ん。
雪渓が一段落したところで
“どうする?”と私。
偶然太陽が一瞬顔を出します。
“よし、行こう”
ってことでもう一回登ります。

羅臼平で登りを誘った方と会う。
でもやはり風はあまり変わっていません.....
“来ましたね。せっかく来たんだから行きましょうよ。頂上はタッチだけかもしれないけど”とのこと。
ちょっと進んでみましたが、やはり撤退決定。

あ~せっかく来たのに.....残念。
もったいない....
いろんな気持ちになりましたっけ。

雪渓をスニーカーで登ろうとするカップルや数人のパーティと会いました。
あの人たちは頂上まで行けたのでしょうか???

ヒグマ出没多発区間ではキタキツネと遭いました。
超・超・びっくりしました。
先に行っていた主人はもっとびっくりしたことでしょう。
デジカメあっても撮れなかったろうな・・・

下山時刻は12:40頃でした。
体は雨でかなり湿っています。

とりあえず着替えて、知床自然センターへ。
レストラン・ユートピア知床で腹ごしらえ
“ざるそばミニうに丼セット”1570円
d0058870_23304114.jpg

“鹿肉バーガーセット”500円
d0058870_23313297.jpg

今後の計画を立てながらのイーティングでした。
ドライブをしましたが・・・・・・・
d0058870_23322069.jpg

天候は変わらず。良くはなりませんでした。

“羅臼ビジターセンター”や“知床世界遺産ルサフィールドハウス”にも寄りました。
“ルサ~”では職員の方が声をかけてくださってどの方面に国後島が見えるとか諸々教えてくれました。
そして.....
ちょっと外を見に行きませんか?と誘ってくださり、
カラフトマスの溯上を見ました!!
デジカメ忘れましたが、多分撮影無理。
感動・・・・・・これが溯上か・・・・
羅臼岳登頂になりませんでしたが、これはこれで収穫でした。

そして、車を走らせ、清岳荘を目指します。
18時過ぎ到着
d0058870_23433177.jpg
d0058870_23433819.jpg

山小屋とは思えない! 数年前に不審火で焼けたので建て直したそうです。
部屋のこんなにキレイ!
d0058870_23463249.jpg

d0058870_23464230.jpg

この日の宿泊客は2組4人だけ。
斜里岳も強風で撤退組がいたそうです.....(小屋ご主人談)

1階では自炊をしながらテレビやビデオも観られました。

翌日は天気がいいことを期待して早めに就寝しました。
[PR]
by chiyobara | 2009-08-18 01:33 |