私の日記です


by chiyobara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

青山二郎の眼 展

6/27 「青山二郎の眼」展へ行ってきました。
世田谷美術館でした。
用賀の駅を降りて、変貌振りにびっくり。
徒歩12分とありましたが、バスも出ています。
もちろん歩きます!!
なつかしいな~ 緑が多いな~と感じながら...
環八を渡って砧公園へ。
結構歩きました。
公園を歩いていくと....
d0058870_86835.jpg

こんな緑の中にあるなんて。環境バッチリだわ~
d0058870_861616.jpg

お気に入りは“魚や茶碗”や“黒織部茶碗”だったかしら...
ゆっくりとお勉強することができました。

そうそう、先週の“モネ展”にて私は無知でボールペンを持ちながら歩いていたら係員から鉛筆と交換するように言われました。インクがとぶから が理由のようでした。
ここ、世田谷美術館でも入り口に鉛筆がおいてありました。前回のミスがあるのでちゃんと拝借しました。
この歳まで知りませんでした。でもかいておいてよかった恥でした。
[PR]
by chiyobara | 2007-06-28 08:10 | 日記

錦玉作ってみました

6/24 お客様がみえました。
夏らしいお菓子というと、私の定番?になってきちゃいました“錦玉”です。
d0058870_830759.jpg

葉っぱをあしらったほうがよかったな。
いちおう作りました ということで。
お客様からのお土産もありました。
茶道を習っている方からのいただきものだったそうです。
一幸庵というところの主菓子です。
人数分ないので私は最初にショットだけ。
一口いただきましたが、よくわからなかった.....
d0058870_8313490.jpg

また他のお客様からは
“くびきの里”という新潟のお菓子もいただきました。
高橋孫左衛門商店のものでした。東武デパートの新潟展で購入したそうな。
笹あめがサンドされていました。
これも実はほんの一口だけ。
d0058870_8332128.jpg
d0058870_8332799.jpg

私は先日の山に行ったときに買った“はっか糖”を用意しました。
いろんなお菓子があって幸せなひとときでした。
[PR]
by chiyobara | 2007-06-27 08:36 | 日記~手作り編~
この日(6/19)美術館巡り?からの疲れた体でしたが、2週間前の健康診断をいただきに病院に行ってみた。
主人と二人分の結果をいただけました。
私の結果はまずまず。体重減らさなくちゃ!
で、主人は昨年に引き続きコレスレロールの値が高かった.....
ドクターからは「治療が必要かな。また検査を受けてみてください」と言われ、コレスレロール値の高い方へといパンフレットも渡されました。
あ~大変だ!
食事療法もしなければ...
先日当たった“黒酢のいいとこ”、きちんと飲んでもらおうっと。
私はコンスタントに飲んでいるので検査結果ももちろんですが、疲れも加齢で出るようになりましたが、比較的重くなくて済んでいるなと感じていますから....
こらからは主人への管理体制を強めます。

ここ数週間で3座だけではありますが、私たちにとってはハードな山を登れたのも“黒酢のいいとこ”のお陰だったと思います。
ありがとうございました!
[PR]
by chiyobara | 2007-06-25 07:11 | モラタメ
新国立美術館を後にして、なんと、六本木一丁目まで歩きました!!
え~でもね、タクシーで行かない限り電車はないのです。
途中で見た東京タワー
d0058870_8433030.jpg

なんで都心に来てまで歩くんだろうと思いながら歩いていたらふくらはぎの筋肉痛が非常に痛くなりましたっけ。
やっと着きました。
夜に来たことはありましたが、昼間はこういうところなのねって感じ。
d0058870_8453017.jpg

こちらはお茶の先生と思われる方もいらっしゃいました。
だって、“茶道具 付属品とともにたのしむ”ですからね
歴史を感じましたわ~
もっともっと勉強しなくては.....

近くにスペイン大使館もあったはず。神谷町まで歩いてみようかなと思いましたが、もうヘロヘロ。
頭の中ももういっぱい。
充実した半日でした。
[PR]
by chiyobara | 2007-06-23 08:47 | 日記
6/19火曜日 国立新美術館へ行ってきました。
d0058870_8322278.jpg

初めてです。
大回顧展モネ”をやっていました。
混んでいると聞いていましたが、この日はご招待日で空いていました。
そうです、チケットが当たったのです。
d0058870_834467.jpg

自宅に届いた当選葉書と上記のシールを交換し見えるところに貼っての見学でした。
ゆっくり落ち着いて鑑賞できました。
“睡蓮”をこんなに書いていたとは知りませんでした。
パリのオランジュリーで大きな睡蓮を見て感動した大昔を思い出しました。

緑の多い広い新国立美術館です。六本木にこんなところがあったのかとスニーカーとリュック姿の私はしばし筋肉痛を忘れました。

この日は休館日
d0058870_8324762.jpg

展覧会もこんな風にゆっくりみたいものです。
[PR]
by chiyobara | 2007-06-23 08:38 | 日記
駒ケ岳山荘を早朝出発したため、“スタンプ帳”というものをいただき忘れました。
部屋の鍵の返却のときに郵送依頼のメモを残しておいたら届きました。
よかった
d0058870_826587.jpg

日本秘湯を守る会では、このようなスタンプ帳を作成していて、3年間に10箇所宿泊すると捺印されている10箇所のうちの旅館にご招待なのです。
10箇所もいけるかどうか?マークですが、一応ね。
同じ旅館に泊まってもスタンプはいただけるのはいいですよぉ~
挑戦できるかしらん
[PR]
by chiyobara | 2007-06-23 08:29 | 日記

薬師温泉センターへ

越後駒ケ岳を後にして、いつものパターン=温泉へ。
主人の希望していた“栃尾又温泉”のラジウム温泉へ行きたかったのですが、日帰り入浴ができなくなっていました。
旅館(日本秘湯を守る会の宿)の方に尋ねてみましたが、日帰り入浴はどこでやっていないとかなり冷たく言われました。
駒ケ岳山荘の方々が非常に親切だったので、秘湯を守る会の方のマナーの一つなのかと思っていたら大間違い。ひどい言い方でしたから....
行きたい&泊まりたい温泉でしたがね....
駒ケ岳山荘は日帰りの方もOKです。
ただ露天風呂とかは宿泊者専用ですがね。あの旅館の方だったら万一日帰り入浴が無理な場合でもあんな言い方しないでしょう。
そのくらい駒ケ岳山荘がいいということで...(悪口&愚痴になりますからね)
で、予定変更で“薬師温泉センター”に行きました。
撮影忘れ.....
お湯はいい感じ。
この日の女性風呂には、ミストサウナがありました。かなり高温でしたが出たり入ったりしてくつろぎました。
リラックスルーム(仮眠室)も併設してありまして、帰宅前に十分な?睡眠をとらせていただきました。

梅雨の合間の晴れた2日間充実いたしました~
[PR]
by chiyobara | 2007-06-23 08:18 | 旅行
6/17 越後駒ケ岳(魚沼駒ケ岳)を登りました。
朝の4時前には駒ケ岳山荘を後にしました。
“朝食がどんなだったのかしら”と気になりますが...
登山口 枝折峠に向かいます。
ここの駐車場には車の台数に限りがあるとの情報だったのが早めの出発の理由の一つ。
でも駐車場はきれいで30台くらいは置けそうな感じ。
しかも天気は朝から晴れ!!ヤッタ~
このまま天気がもってくれればいいな~ルンルン
登り始めて30分後くらいにこんな眺めが...
d0058870_19395832.jpg

出会ったもの
d0058870_19414423.jpg
d0058870_19415755.jpg

えっ、かえるの卵だそうです。気づかないで脇を歩いたら主人に呼び止められました。
今年は大隈庭園でおたまじゃくしをみて、卵まで見るとは.....
d0058870_1942896.jpg

d0058870_19433068.jpg

d0058870_1943525.jpg

駒の小屋に着きました。ここまで4時間弱です。
雪の上には頂上だ~
d0058870_19443826.jpg

登りはアイゼンをつけませんでした。なんだかうれしい!!
d0058870_19464624.jpg

着いた~4時間15分。
眺めも最高!!ただどれが何山かがわからない二人...
d0058870_1947324.jpg

d0058870_19505011.jpg

下山するつもりでちょっと歩くともう一つの柱が..
こちらも頂上と書いてありましたのでいちおう
d0058870_19474059.jpg

お腹が空いている私は早く山小屋近くに戻ってお弁当を食べたいのです。
d0058870_19515232.jpg

駒ケ岳山荘の方が用意してくださったのです。
楽しみぃ~
d0058870_19524013.jpg

大きなおにぎりなのです。どれだけ大きいか撮影しておけばよかったかも
さすがにお腹がいっぱいになり主人に手伝ってもらいました。
おにぎりの中味は梅干。おしんこも魚の甘露煮もおいしかった
d0058870_19524989.jpg

d0058870_1952573.jpg

下山です。
途中で撮った景色
d0058870_19551852.jpg

下りもずっと晴れてくれました。雲がわくことなく青空でした。
ありがとうございました。
休憩も含めて8.5時間の登山でした~
[PR]
by chiyobara | 2007-06-21 19:46 |

駒の湯山荘 ランプの宿

天気は晴れています。とっても暑い。
あ~みんなはいいな~なんてうらやましいような・悔しいような。
で、着きました。“駒の湯山荘” きれいじゃない!?
山荘と聞いていたので山小屋を想像していましたが...
d0058870_23503447.jpg

日本秘湯を守る会”の旅館でした。
こういう会があるなんて知りませんでした。秘湯??どんな??
そういえば駐車場に車を停めていたら宿の方がわざわざ出てきて丁寧に対応してくださって、荷物も運んでくれようとしました。(遠慮しましたが....)
いざ、客室へ
すでに布団が敷いてありました。
d0058870_2358073.jpg

またたび酒とくるみのお菓子
d0058870_23581399.jpg

ノッテきた私(たち)はすぐにお風呂へ。
混浴露天風呂に家族風呂が2つあとは内風呂が混浴と女性専用。
他にも日帰り入浴可能な内風呂が別棟にありました。
家族風呂へ..
d0058870_02713.jpg

d0058870_023119.jpg
d0058870_024070.jpg

かけ流しです。お湯と緑のマッチングがステキ!
お湯は33℃とかなりぬるいのです。ですからそのお湯を沸かした熱いお湯の湯船も併設されています。
1時間は入ってくださいね。と言われた理由がよ~くわかりました。
露天風呂へ 行く途中こんな風に家族風呂が見えました。
d0058870_0135090.jpg

露天風呂は女性は水着の生地の布が用意してあるので体に巻きつけて入浴するのです。
親切ですよね~
下のほうが混浴露天風呂です。このときは人がたくさんいたので取りやめました。
d0058870_0141337.jpg

露天風呂はこんな感じ(夕食後にすぐに行って撮影&入浴しました)
d0058870_0142815.jpg

このお湯がぬるいのです。
d0058870_0153388.jpg

ここは“ランプの宿”とも言われています。お風呂にもそれぞれランプがおいてあります。
露天風呂のランプです・
d0058870_0143713.jpg

夕食です。
昔ながらの朱い椀でもてなしているそうです。
従業員の奥様がこの旅館のためだけに畑を用意してくださって作っているものがあったりと心のこもったお料理でした。
d0058870_0144670.jpg

魚もアツアツが運ばれてきます。
d0058870_0145681.jpg

天ぷらも揚げたてが1品ずつ出てきます。これはなんだっけ?食べることに夢中で忘れちゃった。3種類出たと思います。抹茶塩でいただきます。最高!!
d0058870_0272272.jpg

ロビー?のような一角に囲炉裏があって大女将がお煎茶を入れてくれました。
昔は山小屋だったそうです。
d0058870_0161379.jpg

部屋のランプ。2つランプがあって一つは自家発電の電気のモノ。
これは本物の石油で灯したモノ。説明は食事のときにしていただきました。
d0058870_0162049.jpg

夜の入り口風景
d0058870_0162914.jpg


いや~よかったですわ。巻機山での天候の悔しさが吹っ飛びました。
お風呂ののんびり浸かれて幸せでした。
ずっと、ずっと入っていたかったです。
翌日のことを思うと気がかりでしたがね。
[PR]
by chiyobara | 2007-06-21 00:18 | 旅行

巻機山 行ってきました

6/16 巻機山に行ってきました。
いつもの通り?自宅での睡眠なしで出発。
二人で交互運転。車の後部座席で寝るのにかなり慣れました。
揺れがいい感じ~とも思えるようになってきました。
今回は関越道なので私ががんばって運転したような...
(主人は反論するだろうな...)

で、4:20頃から登り始めました。
天候は曇り...
梅雨の合間で雨が降っていないことに感謝です。
(コ)イワカガミと出会ったり
d0058870_824562.jpg

ときどき見える青空に期待しながら登りました。
d0058870_8244062.jpg

ニセ巻機山(9合目)
d0058870_825585.jpg

巻機山避難小屋が見えてくると
d0058870_8293542.jpg

雪渓です。
d0058870_8283654.jpg

ここからはちょっとだけこの雪渓を横切ればいいのですが、(主人の)勘違いでこの小屋でアイゼンをはめちゃいました。(私のためにアイゼンをはめようと思ってくれたのです! ハイ)
結局途中でアイゼンを外し登りました。
水芭蕉までいました。かわいい!
d0058870_8343443.jpg

到着! 8:00ごろです
d0058870_8323163.jpg

4時間弱で着いた~前回の甲武信岳を思えばラクな感じ。
天候はやはり晴れません。
ここでお菓子を食べて下山。
すると晴れてきたのです。アレ~
下りのニセ巻機山にて(撮る方向を変えてみました)
写真ではわかりづらいけれど景色は見えてくるわ、緑がきれいだわ。あ~
d0058870_8363180.jpg

登ってくる方からは“早いね~”と言われまくられますが、こんなに天気がよくなって悔しいゾ~というのがホンネ。
11:30ごろには下山できました。
次の行程を考えるとこの速さ・早さでよかったんだと無理やり思うようにしました。
駐車料金も1日500円が半日分300円で済みました。
これでよし!とするしかないのです.....

途中、国道沿いのおそば屋さん“轟”にて、おそばとおうどんのセット、名前は“合わせせいろ”だったような..をいただきました。ちょっと天地逆に置かれたような..
d0058870_23384294.jpg

おそばは“へぎそば”です。海草が練りこんであるそうですよ。
おいしいかったです。地元のお客様が多かったようです。
お店の暖簾も反対向きだったので撮影中止にしました。

道の駅に寄ってちょっと買い物して、宿泊先“駒の湯山荘”を目指しました~
[PR]
by chiyobara | 2007-06-20 08:38 |