私の日記です


by chiyobara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ガソリン価格高騰!!

困ります。明日からまたまた値上げとのこと。
今日はどこのGSも混雑しておりました。
都内の某所では、一車線がGS待ちで渋滞しておりました。

どうにかならないかしら...
いろんなモノも値上げで参っちゃいます。
[PR]
by chiyobara | 2008-06-30 23:43 | 日記

茶つぼ と 半月

人形町で買った瓦せんべい2種
 人形町亀井堂製の茶つぼ と 半月です    
d0058870_7123465.jpg

表面には、刷毛で一枚一枚砂糖を塗る、「刷毛引き」と呼ばれる砂糖細工が施されている。これ以前は刷毛引きの伝統を受け継ぐ職人が多くいたが今は日本中探してもこの店の二人だけだそうです。以上の内容が2007年5月24日付の朝日新聞に掲載されていてそのコピーが店内ありまして、いただいてきました。
パリッとして甘さがついてくるのがいいですよぉ~
[PR]
by chiyobara | 2008-06-30 07:08 | 日記

和菓子教室

6/28 第二弾?和菓子教室に参加させていただきました。
こんなにきれいに練りきり餡がセットしてありました。
d0058870_335099.jpg

先生の作品(なでしこ) *他2種の作品は天地逆に撮影したのでアップ中止
d0058870_749672.jpg

不安はこの自分の手....
あ~あ、以下自分の作品
なでしこ
d0058870_7503261.jpg

朝顔
d0058870_7494891.jpg

あじさい
d0058870_750516.jpg

このあじさいは葉っぱの形も自分でした。一番不安でしたがなんとなくごまかせたかも...
今度トライしたけどこの羊羹が大変かしら...
先生のお店両国とし田さんからのお土産です
d0058870_752381.jpg

どうもありがとうございました。
[PR]
by chiyobara | 2008-06-29 18:18 | 日記~手作り編~

黒いポケットティッシュ

先日こんな黒いポケットティッシュが配布されていました。
d0058870_1833214.jpg

ティッシュ=白というイメージでしたがね。
なんか不思議になってアップしちゃいました。
[PR]
by chiyobara | 2008-06-29 09:49 | 日記

祇園ちご餅

これもまたデパートで見つけました。
祇園祭もそろそろだったな...ってことでコレ
“祇園ちご餅” 三條若狭屋製です。
d0058870_182333.jpg
d0058870_18231539.jpg

祇園祭に伝わる銘菓とのこと。
見物にも行ったことのないお祭りですが、お菓子だけでも...ね
求肥の中味は味噌餡でした。
なんか郷土菓子って感じでした。
[PR]
by chiyobara | 2008-06-29 09:48 | 日記

松風~亀屋陸奥

またまたデパートで購入。
“松風”亀屋陸奥製です。
d0058870_18302521.jpg

先日の松屋藤兵衛製とはまた味が違いました。
[PR]
by chiyobara | 2008-06-29 09:48 | 日記

光岳行ってきました

6/21、22で光岳行ってきました。

6/20夜出発。いつもの通り、睡眠は交代で運転する車の中。
主人の運転時間の方が断然多かった....ありがたいです。
中央高速道路では時々強い雨、途中のSAでも雨でした。 天気予報もよくなかった......
それでもGO!!

6/21 6時前易老渡駐車場到着。途中の岩がごろごろしている道は怖かった.......
ここには私たちの車のみ。 準備をしている頃1台入ってきました。
なんとなくうれしかった...昨夜は大雨だったので下界に宿泊したとのこと。
本当は縦走(ルートわからず)したかったけど云々とおっしゃっていました。
聖光荘(だったかな?)まで車で行ってみると車をさらに先に進まれていきました。 
6:30過ぎ駐車場出発!
d0058870_17314529.jpg

雨は降っていません。でもカッパは着用。
今シーズン初の百名山です。予報はあくまで予報。
空には晴れ間もみえました。幸先いいかも....
2時間弱で“面平”
d0058870_9415669.jpg

途中は光も差したのに.....
d0058870_9433213.jpg

11時近く急にダウン。それまでは元気よく先頭だったのに...
登りながらなのに眠いのです。目はうとうと状態
雨が降ってきました......アララ.....
易老岳(雨と疲れで撮影できず)
雨は時々強くなったり
三吉平がわからない
すると、雪渓が!えっ!!!えー(やはり撮影はできず)
目印のリボンを探すのにも懸命です。
土&岩にくるとホッとしますが、また雪渓。
雪渓の連続です。あ~足も冷たくなってきています。
いつになったら山小屋に着くの????
静高平。水場があります。
小屋まで15分という表示がありましたが、元気はイマイチ。
また雪渓、天候は雨、視界はほとんどなし、疲労で足が動かず。
コースタイムよりだいぶ遅れている様子。
先に行く主人の姿を追うのがやっと状態。
あ~助けて~
15時過ぎ、やっと小屋らしきものが見えました。
雨で、手も濡れていますが、うれしさでパチリ。
d0058870_945479.jpg

でも速度は上がらず。
主人が待ってくれている山小屋付近へ
ふ~

山小屋は広い!ありがたいのですが、疲労で感動があまりない。
視界と天候はよくないので頂上は翌日にすることに。
明日が雨でも同じこと、ということらしい。
びしょ濡れの体を拭いて着替えて、干し物をしてホッカイロ使用・羽毛着用。
寒くはなくなった。まあ元気になってきた。
お腹も空いたので夕食。コーヒーや汁物で温まります。
う~ん、外は雨。
初の寝袋使用。17時には寝ていたのかしら、記憶&記録なし。

6/22 4時台に起き出して朝食
天候は雨みたい。視界は前日と変らないみたい。
広い小屋を二人占めでした。
6時には出発
光小屋の全景(曇ってる...)
d0058870_17201045.jpg

頂上着 6:17
d0058870_17311057.jpg
d0058870_17311525.jpg

ここは静岡県なのです。遠くへ来たものだ!
d0058870_17321146.jpg

今日は下山! 睡眠も十分元気です。しかし雪渓がこわい!
天候は今にも雨
早速雪渓です。雨も降り始めました....あ~
d0058870_17333062.jpg
d0058870_17333587.jpg

水場です。ここらへんが静高平
d0058870_17334776.jpg
d0058870_17335218.jpg

碑がないと頂上ってわかりにくいです。
もうちょっと下ると三角点がありました。それはどこ??わかりませんでした。
でも地図では三角点が基準になってコースタイムとか表記かな?なんて
d0058870_17344384.jpg

登山道入口着は12:06 約6時間です。
ほとんど雨。時々強し。
がんばりました。
駐車場近くには着替えられる場所があるので助かりました。

温泉に向かいたいのですが、途中の道が怖いのです。
岩がゴロゴロしています。
主人も運転慎重です。 感謝です。
危険区域と思われるところを脱したはずなのに、道の途中に大きめの岩がありました。
偶然にも割れていたので主人がその割れた片方を道の端にどかして車はどうにか通れました。
あ~大変です。
いわゆる一般道まで来ないと落ち着けないってことでした。
でもこの道はいつか来るであろう“聖岳”のときも通るらしいです。ハレ~

で、ついたのが“かぐらの湯
d0058870_17434250.jpg

女性の施設にはミストサウナ・箱むしがあってよかった~
私は半日以上のんびりできますね。
最高でした。お湯はしょっぱいのです。
それから、地元のスーパーで買い物などしました。
既にお腹の中に入ってしまいましたが、肉の鈴木屋の“遠山ジンギス”(マトンです)のスタンダードとハイグレードを買いました。
後で知りましたが、ここは猪・鹿・熊などの味噌鍋も有名とか....
次回への課題が増えていますわ~
それから食事。
主人はお腹がかなり空いていた様子。
帰り道に飯田市街を運転していて見つけたお店“3びきのこぶた
幻豚という文字に二人とも惹かれました。(以前は千代幻豚食べたので)
d0058870_1843524.jpg

注文して待っている間に来たのがこのキャベツ
山盛り うれしい~ しかもおかわり自由!!
d0058870_185073.jpg

主人の食べた“幻豚十二単衣カツ定食”
d0058870_1861319.jpg

私が食べた“幻豚ハンバーグ定食”
d0058870_186401.jpg

今度は味噌カツも食べたいわ~

お腹いっぱい!幸せ。でも帰りの高速も雨。

雨の中の登山には閉口しましたが、無事だったことに感謝です。
小屋もさることながらあんなに広い山に二人だけだったとはなんだか贅沢だったかな なんて。
80座目の山はなんだか曇った画像しかありませんでした。
でも登ったのです。

翌日とその次ぎの日くらいまで筋肉痛に悩まされました。

さてと次ぎもがんばるぞ~
[PR]
by chiyobara | 2008-06-23 08:24 |
6/15 3名のお客様をお招きしました。
毎度ながら準備不足でした......

向附:鯛の昆布〆(まあまあだったような....)
お汁:先日の懐石料理教室と似たような味になったつもり...
d0058870_17184971.jpg

お酒:山口の“獺祭”おいしい!!奮発して磨き二割三分を取り寄せました。
d0058870_1719849.jpg

海老しんじょ・ミニアスパラ・椎茸・柚子
あ~しんじょが固かった!!ふんわりできなかった!!くやしい~
d0058870_17185590.jpg

鰤の西京漬 脂が乗りすぎていたかな~でもいつも鰆じゃ~
d0058870_17192843.jpg

自家製おからとキュウリの和え物
d0058870_17193325.jpg

胡麻麩・冬瓜・隠元の炊き合わせ(盛付 by主人)
う~ん、イマイチの盛り合わせ...
d0058870_17194184.jpg

ながいもとオクラのごま酢和え
d0058870_17194747.jpg

小吸物は、しょうがと昆布汁
八寸:たたみいわし と 空豆の翡翠煮
d0058870_17195240.jpg

アレ??湯桶の向き逆だわ~
胡瓜(ぬか漬)・べったら漬・かぼちゃの浅漬 
d0058870_17195626.jpg

結局コレになったって感じ。青楓
d0058870_1720182.jpg

矢羽すすき・ムラサキツユクサ・桔梗・しもつけ・岡虎の尾
d0058870_172066.jpg

あれ~撮り忘れ
松屋藤兵衛製の“織姫”
万葉集(読み人知らず)の歌が書いてあるのです。
友人に訳は調べてもらいました...(よかった!質問あったから)
d0058870_17333713.jpg

どうしても薄茶をたくさんいただいてほしくて...
お菓子はたくさん用意しました。
水と瓢箪とその花
d0058870_17334314.jpg


後炭の替わり?に聞香を行いました。
伽羅で“花の庭”という香銘でした。
亀井堂の瓦煎餅は“良夢”とともにお土産にしました。

やっぱりあわただしい進行でした。
いつになったらスムーズにできるのかしら...
しんじょも練習しないで久しぶりに作ったのがいけなかった!!
ああショック!!

裏方のお手伝いの方々ありがとうございました。
そして袴を着て干菓子を運んでくださったご主人様もお疲れさまでした!!

これからもっと精進します(いつも言っているかも...)
[PR]
by chiyobara | 2008-06-16 08:27 | 日記~手作り編~

烏羽玉

6/13 百貨店でみつけました。
d0058870_17101560.jpg

亀屋良長製です。
茶花の桧扇は漆黒に濡れた実を付けます。この実がうば玉です。万葉集の古歌にも黒・夢などにかかる枕詞として使われております。
と書いてあります.....
で、桧扇の実を撮影してみると....
d0058870_16311040.jpg

調べた実は真っ黒でした。我家の実はまだ赤みがある状態なのかしら??

う~んお勉強になりました。
[PR]
by chiyobara | 2008-06-16 08:26 | 日記

人形町界隈にて

6/11 お客様がいらっしゃる日曜日の準備で今日は人形町~日本橋など歩きました。
出発は人形町から。
まずは松島神社へ。
d0058870_1558627.jpg

しかしブザーを鳴らしてもどなたもいらっしゃいません。
困った...近くの酒屋さんに聞いてみたら親切にも電話をかけてくださって、
数十分後に戻ってきてくださるとのこと。ああ、よかった。
ここで“良夢”のお札購入しました。
d0058870_1604491.jpg

甘酒横丁など歩いて...
今日は柳屋の鯛焼きもそんなに並んでいないので...
d0058870_164324.jpg

買っちゃいました(これってお客様の準備と全然関係ないのだけど)
お目当てのお店で(干菓子)はご主人がいないのでわからないという。
困った、本当に困りました。
ま、遅くまで営業しているとの情報を得ただけでもよしとします。
亀井堂”で表面に砂糖を塗った瓦煎餅を購入。
当日(お客様がいらっしゃる日)に使えないかなと。
使わなかったら食べちゃおう!!
寿堂には後ろ髪が引かれますが人形町を後にして、日本橋界隈でまた買い物。
う~ん、疲れましたが、いろいろ買い物できて満足じゃ~


で、この日は夜に京都へ注文したものが届きました。
そのうちの一つ。
“松風”松屋藤兵衛製です!
d0058870_16173496.jpg

おいしい!!
[PR]
by chiyobara | 2008-06-11 21:46 | 日記